借り換えに使える銀行カードローンの一覧

借り換えに使える銀行カードローンの一覧

大好きな人のためにキャッシング

彼氏ではありません。でもとても大好きな人がいます。ずっと告白してきましたが、なかなか付き合ってはもらえません。

 

彼と付き合ってもらうために、私は最高の誕生日プレゼントを用意したのです。でもお金がないので、キャッシングをしてお金をつくりました。

 

二十万円です。彼の持っている腕時計よりも、もっと高価な腕時計を誕生日プレゼントとして用意したのです。でもキャッシングまでしてしまって、少し後悔しています。そこまでしないと彼の気持ちが動かないと思ったので仕方がありません。

 

彼はとても喜んでくれました。最高の笑顔を見せてくれて、何度もありがとうと言ってくれたのです。でも付き合ってはもらえません。なかなか私とは付き合ってくれないのです。

 

だからバレンタインデーには、もっと最高のプレゼントを用意しようと思っています。でももちろんお金はありません。またキャッシングを考えています。一回してしまったら、もう怖いものなんてありません。

 

雪道の事故!キャッシングで車の修理

大雪ですね。

 

雪道でのスリップ事故のニュースをよくみますが、

 

とうとう自分も雪道で事故を起こしてしまいました。

 

つるつる〜と滑ってガードレールにガツン!

 

エンジンもかかるし、動きそう。

 

でもライトは割れてバンパーが半分外れかかってしまいました。

 

慣れた道だったので完全に油断していました。

 

さて、怪我もなく車で家に帰宅することもできましたが、

 

やっぱり車の修理は必要でした…。

 

バンパーとライトの修理代で少なくとも15万円はかかりそう。

 

でも、貯金がありませんでした。

 

たったそれくらいの余裕資金もないなんて

 

周りには言えない…。

 

そこでキャッシングに頼ることにしました。

 

キャッシングなら審査後すぐにお金をふりこんでくれるし、

 

ネットで完結するキャッシングもあります。

 

もちろんキャッシングの理由も聞かれないし…。

 

最初は少しドキドキしましたが、

 

キャッシングしてもちゃんと返せばそれで大丈夫です。

 

これからはこういうこともあると思って少し余裕資金の貯金も大事だけど、

 

やっぱり急な出費にキャッシングは大助かりでした。

 

ここぞというときのキャッシング

私はあまり財布にお金を入れない性分です。

 

なぜかというと、あるとすぐに使ってしまうからです。

 

毎度毎度余計なものを買ったり、すでに家にあるものをもう一度買ってしまったり、

 

いつも後で後悔します。

 

財布にお金が入っていると気が緩むのでしょうか。

 

そういうわけで、今は財布に1万円以上は入れないことにしています。

 

それでも、急にお金が必要になるときってありますよね。

 

例えば、私が一番多いパターンが残業や付き合いで夜遅くなり、終電を逃してしまった時・・・

 

もともと1万円以下しか入っていないので、タクシーやビジネスホテルに泊まるのも

 

不安です。

 

そんな時に24時間営業しているキャッシングのATMにいつも助けられています。

 

「借りる」という行為なので、本当に必要かどうか、しっかり判断を迫られますし、

 

「返さなくては」いけませんから、やはり返し終わるまでのお金の使い方にも慎重になれます。

 

「キャッシング」って、お金の事にルーズな人が使うイメージがありますが、

 

私は逆に、財布のヒモをきつく結ぶように利用しています。